オキテル

城戸スズカは生命保険会社に席を置くごく普通のOLだが、同時に日本GPライダーという二足のわらじをはく21才の女の子。ちょっと三枚目の彼女だが、人を
想う気持ちは誰にも負けない一途さと純粋さを持っている。彼女の目を通して、ステージに上がる者、上がれなかった者、ステージから去る者、戻ってこれた者、
それぞれの者たちの思いを、鈴鹿8時間耐久レースの夜空に感じて欲しい。